top of page

古くて新しい大学_大島先生

更新日:2023年10月31日



ブログのトップバッターを飾るのは、大島美穂先生です!


大島先生は、実は津田塾大学の卒業生、、なんです!


国際関係学科のご出身なんだとか…


私たちにとって、教授でもあり、先輩でもあります!


そんな大島先生は「総合政策学部」について

書いてくださいました!


 

津田塾大学総合政策学部のある千駄ヶ谷の地は、天璋院篤姫の終の棲家となった

徳川邸跡(東京体育館)、高遠藩内藤家の下屋敷跡(新宿御苑)や

新撰組沖田総司逝去の地など、歴史的に重要な場所に位置し、

本キャンパスも元鷹司公爵邸宅の跡地です。

ここで総合政策学部は、周辺地域や日本のさまざまな市町村と協力関係を

築きながら、学生の研究、活動を広く発展、発信しています。


なぜ英語で有名な津田塾大学が「総合政策」を掲げているのかについては、

英語をツールとしながら 1960 年代女性たちの標語となった

「個人的なことは政治的なこと」という視点から、広く政治を捉え学んで、

社会と繋がっていくためだと考えています。



 

以上大島先生でした!

古くて新しい大学とはまさに津田塾大学の総合政策学部にぴったりの言葉ですね。

立地についても初めて知りました!

すごく歴史ある場所に通っているのはびっくりします!

(個人的には恥ずかしながら、めっちゃ駅チカ!!最高!としか考えたことなかった…)


次のブログは、津曲先生です!お楽しみに〜♫





閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page